髪の豆知識:髪の毛の構成

髪の豆知識:髪の毛の構成

髪の豆知識:髪の毛の構成

こんなにも身近なところに生えているにもかかわらず、私たちは内蔵の器官などに比べて髪の毛がどのように構成されているのかについて知りません。

 

 

 

まず、一本の髪の毛を全体像として捉えると、表皮から外に出ている部分を毛幹、皮膚下には毛根が伸びており、さらに下部へ至ると毛球と呼ばれる部分に行き着きます。ここには毛乳頭があり、辺りを循環する毛細血管から栄養分を吸収し、それらを毛髪の促進に役立てていきます。このときに毛母細胞が次々に細胞分裂することによって毛は上に向かって伸びていくこととなります。

 

 

 

次に内部について見ていくと、大きく分けて3層からなる構造になっています。外から順を追って、毛表皮、毛皮質、毛髄質と呼ばれるものです。毛表皮はキューティクルとも呼ばれ、うろこ状のたんぱく質によって構成されており、いわば内部を守るための城壁のような役目を果たしています。次に中間部分をなすのがコルテックスとも呼ばれる毛皮質です。

 

美容室の日本史を学ぶ

 

全体の9割を占めるこの部分は、主にたんぱく質と繊維成分によっておりなされています。そしてここに含まれるメラニンの特質によってその人独自のカラーが決まってきます。また、芯部をなすのがメデュラとも呼ばれる毛髄質です。

 

 

 

たんぱく質と脂質からなるこの部分は下部は水分に浸されており、上部は胞状になっていて言わばクッション的な役割を果たしています。ただし産毛にはメデュラが存在しないケースも多々見受けられます。以上の3層がどのように組み合わさっているかによって私たちの髪の質(色、状態)が決定づけられていくこととなります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ