外出と薄毛

外出と薄毛

外出と薄毛

紫外線は、肌にダメージを与えるだけ。と思っていませんか。

 

 

 

実は、紫外線は、肌の他にも。髪の毛までダメージを受けてしまうんです。紫外線を受け続けると、頭皮などの細胞にも影響され、白髪の原因になったり、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいます。
肌はUVカットの化粧品などで、ある程度保護する事ができますが、髪の毛はそう簡単に紫外線から守る事ができません。

 

 

 

最近では、髪の毛にも使えるUVカットのスプレーが市販されていますが、それでも完全に防ぐ事ができません。
紫外線は、4月頃から強くなり、10月頃までその紫外線量が継続します。
夏だけではなく、その前後にも十分な紫外線対策が必要だと言う事がわかりますよね。
特に、午前10時から午後2時頃の紫外線量は日中の紫外線のピーク時になるので、その時間帯は、なるべく外出を控えるか、日傘や帽子などを有効に活用する事で、髪の毛を紫外線から守る事ができます。
直射日光に当たる事もないので、熱中症や日射病などの予防にもなります。

 

 

 

お肌の紫外線対策のように、髪の毛も紫外線対策するために、紫外線をカットするようなヘアトリートメントも効果が期待できるでしょう。
完全には防ぎきれないので、先ほどの、帽子や日傘で2重、3重の紫外線対策をする事によって、髪のダメージは驚くほど改善されるようになります。
UVカットのトリートメントはシャンプー後になじませた後、しっかり流しておかないと、ヘアダメージの原因にもなりますので、しっかり洗い流しましょう。
個人差はありますが、対策をしないで放置してしまう事を考えると、少しでも抜け毛や薄毛、白髪に悩まないように面倒でも丁寧にケアを行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ