更年期と薄毛

更年期と薄毛

更年期と薄毛

薄毛の原因には、更年期も原因とされています。
更年期と言っても、中高年だけの問題ではありません。

 

 

 

若い世代にも、更年期障害に似た症状が報告されており、決して中高年の問題ではないのです。
更年期の主な症状として、顔や身体のほてりやのぼせ、身体の冷え、異常な発汗、動悸や息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、肩こりや腰痛、便秘や下痢に伴う腹痛、筋力の低下、頻尿、コレステロールの増加や視力、聴力の低下、骨粗鬆症、肌の乾燥、シワの増加、薄毛や白髪の増加、倦怠感、無気力、イライラ、集中力の欠落、恐怖感や不安感などがあります。
この症状が発症する人もいれば、ほとんど症状が出ない人など、個人差がありますが、45歳以降の女性であれば、更年期が始まってもおかしくないのです。
更年期になると、毛根の成長が衰え、1つの毛根から生える髪の毛の量が減ってしまいます。
その症状が進行すると、女性型脱毛症などを発病させ、さらに薄毛が進行してしまいます。

 

 

 

予防方法としては、大豆製品を多く摂取する事や、頭皮の血行を良くするための育毛剤の使用や頭皮のマッサージ、ビタミンEの摂取など行う事によって、頭皮の血行を良くし、毛根を活発化させる事が期待できます。
日々の運動も行うと良いでしょう。ウォーキングなどで、筋力をつけ、ビタミンEを摂取する事で新陳代謝を良くする事ができます。

 

 

 

そして、シャンプーなどのヘアケアを正しく行う事も大切です。
自分に合わないシャンプーを使っていては、弱った毛根や頭皮を悪化させる原因となってしまいます。
自分に合ったヘアケア製品を見つける事が大切ですね。
ストレスも更年期障害の影響でドンドン蓄積されてしまいます。
ストレス発散のための方法を見つけ出し、なるべくストレスをためないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ